沿革

日本で最初に文部省認可を受けた歴史ある専門学校です

ミューズ音楽院は、1984年、ロック、ジャズ、ポップス系の音楽学校としては、日本で最初に文部省認可を受けた専門学校となりました。


ミューズ音楽院は時代を代表するプレーヤーを世に送りだしてきただけでなく、レコード会社、放送局、出版者、音楽スタジオなど、音楽業界の多様な業種に優れた人材を数多く提供してきました。


社会的責任のある認可校として、実社会に出てから必用な知識や教養、礼儀作法なども教育課程の中に取り入れ、トータルな人格形成を実践しています。卒業時には音楽専門士の資格が取得でき、また、専門学校教員資格取得の道も開かれます。


卒業生は、業界と太いパイプを持つミューズから社会へと旅立ち、優れた能力と広い視野を身につけたプロとして、音楽業界の各方面で活躍しています。最高のミュージシャンを世界に送りだそうという、創立からのミューズの理念は、今もなお受け継がれているのです。

1981年 - 昭和56年
4月
昼間部2年制課程を開設
1983年 - 昭和58年
10月
地下1階・地上3階の1号館を建設
1984年 - 昭和59年
3月
文部省(現:文部科学省)より日本最初のポピュラー系音楽専門学校として認可を受ける。
1985年 - 昭和60年
4月
1号館内にレコーディング・スタジオを増設
7月
筑波国際科学博覧会にてオリジナル・ミュージカル「光虫万華鏡」を上演し、茨城知事より感謝状を授与される。
1987年 - 昭和62年
2月
全学科合同コンサート「ミューズ・ウィンター・フェスティバル」第1回目を開催。以後夏と冬の2回のコンサートが毎年恒例の学校行事となる。
1989年 - 平成元年
7月
地下1階・地上3階の2号館を建設
1991年 - 平成3年
4月
専門課程修了者を対象に「マスターコース」がスタート。さらに2年間、音楽と向き合い、より追求するために、最上のカリキュラムと講師陣を準備。
1994年 - 平成6年
4月
地下1階・地上3階の3号館を建設
1995年 - 平成7年
4月
在校生・卒業生の楽曲を中心にリリースするインディペンデント・レーベル「MoUSE Records」を設立。第1号として、マスターコース在学中の橋本幸子、本田真紀がCDリリースを果たした。
7月
埼玉県秩父市ミューズ・パークで定期的に開催してい「ミューズ・サマー・フェスティバル」の活動に対し、埼玉県知事賞を授与される。
10月
神奈川県厚木市教育委員会からの依頼で、ミュージカル「スターライト・エクスプレス」公演に参加
1997年 - 平成9年
3月
2号館を全面改築し、地下1階、地上10階のリハーサルスタジオビル「代々木サウンドTOWER」とする。
1998年 - 平成10年
 
「ライブサーキット」本格的に始動
1999年 - 平成11年
 
ハードディスクレコーディングスタジオを中心とする4号館を建設
2000年 - 平成12年
2月
NHKのエグゼクティブプロデューサーを招き、目黒区公会堂で「ドラゴンライブ」を開催
9月
プロデビューへ向けてより高度な教育を行う「プレミアムコース」を新設
2001年 - 平成13年
3月
渋谷“ON AIR EAST”で開催した「ドラゴンライブ」で、複数のバンドがスカウトを受ける。
7月
地下1階、地上6階のリハーサルスタジオ5号館を建設。「SOUND TOWER PREMIUM<プレミアム>」とする
2002年 - 平成14年
 
ライブサーキット登録バンドが年間100バンドを突破
2003年 - 平成15年
 
ミューズ音楽院認可20周年
7月
オリコンに出身アーティストが同時に4組ランクイン
11月
イベント“LIVE DNA”を渋谷 O-EASTで開催
2004年 - 平成16年
2月
イベント“ライブバーガー”CLUB CITTA川崎で開催
2005年 - 平成17年
3月
4号館を改装し、災害発生時の安全性を大幅に高める。バリアフリー化
4月
音楽総合芸術科を新設
10月
イベント“LIVE DNA”を渋谷 O-WESTで開催。土屋アンナさんがサプライズゲストで登場。
2006年 - 平成18年
1月
ミューズで最も歴史ある建物であり、数々の著名なOBの学びの場でもあった1号館を全面改装。レコーディング機能の強化と、個人レッスンブースも充実。
8月
代々木公園屋外ステージとその周辺にて、ミューズ音楽院主催の夏フェスとして「サマフェス!」を開催。音楽×フリーマーケットをコンセプトに、在学生や卒業生を中心にステージで演奏。
 
文科省依託事業として、介護分野に音楽を取り入れる試み「ハーモニックケア」を福岡YMCA校と共同でスタート。
2007年 - 平成19年
3月
北海道日本ハム・ファイターズ公式球団歌「ファイターズ賛歌」と新応援歌「ファイターズ魂」のプロデュース・レコーディングをミューズ生とスタッフが手掛ける。
 
ミューズの音楽奨学金「ライブサーキット」を活用してデビューを果たした藍坊主と、ミューズ在校生の共演イベントが渋谷O-WESTで実現。
7月
イベント“サマフェス”が、2年目にしてゲストバンド40組を超える大型フェスティバルに進化。音楽分野以外のアーティストも多数出店し、「ミューズのイベント」という枠にとらわれない総合アートフェスティバルとしての地位を得る。
 
文科省依託事業「ハーモニックケア」第2期
2008年 - 平成20年
 
第3回「サマフェス!」
 
代々木公園にて全校生徒で運動会
 
高尾山にボーカル専攻とプレーヤー専攻が遠足
 
イヤーブック刊行を開始。これまでの卒業アルバムを刷新して、その年度に在籍している全ての学生が載るものとなり、プロのカメラマン、プロのメイクによる本格的な撮影を行う。
 
文科省依託事業「ハーモニックケア」第3期
 
日ハムのファンフェスタにて、速水けんたろうさんのステージでマスター生がバックバンドをつとめた。
 
新宿のライブハウス(MARS,MARBLE,MOTION)にて、ライブサーキットイベントを3店舗同時開催、LOTO、FUNKISTなど20組が出演。
2009年 - 平成21年
 
代々木公園にて全校生徒で運動会
 
社会人向け夜間講座として、MUSEラテンアカデミーを開始
 
卒業生バンドTHE LOCAL ARTが「男臭ぶちぎれナイト」を校舎内で開催
2010年 - 平成22年
 
本館(代々木1−31−2)を耐震化工事。
 
ボーカル専攻による「S1グランプリ」開始。SとはシンガーやソングのS
2011年 - 平成23年
 
楽器メーカー7社にご協力いただき「第1回エフェクトサミット」を2号館にて開催。定番から新商品まで、様々な機材にふれることのできるフェアとして好評を博す。
 
松本孝弘氏、第53回グラミー賞にて、ラリー・カールトンと共演の『TAKE YOUR PICK』が「最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム」部門を受賞。
 
10代向けの音楽教室として、ミューズ・ティーンズ・ミュージック・スクール(現ミューズ軽音部)をスタート
2012年 - 平成24年
 
第2回エフェクトサミットを開催
 
マスターコース4年生のうち希望者を対象に、インストラクター認定を開始
 
渋谷音楽祭SMBCコンシューマーサービス会場に在校生/卒業生が多数参加
2013年 - 平成25年
 
各界で活躍するゲストを講師に招いた講座の一般公開を開始(東京都私立専修学校教育環境整備費補助金、職業教育緊急支援)
 
認可30周年を記念して、卒業生の集いを1号館202、3教室にて開催。一期生から最近の卒業生まで約100人が参加。
2014年 - 平成26年
 
認可30周年を記念して、成績優秀な入学者に対して特待生奨学金を支給
 
認可30周年を記念して、「ヨヨフェス」を代々木のライブハウスにて開催
 
3号館地下ホールでの学生ライブをUstreamにて配信開始
 
3号館地下ホールにて、在校生有志によるセッション道場スタート
 
MOURI Art Worksにて、障害者向け音楽教室を全12回開催
 
渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた音楽専門学校対抗No.1 ARTIST決定戦2014にて、ミューズ音楽院代表「BLA'LA'KISS」が優勝
 
代々木公園イベントステージにて「うた会」を開催。在校生、卒業生、高校生が同じステージに立つ。
 
講師紹介動画を、YouTube公式アカウントにて公開
9月
文化庁委託事業である平成26年度時代の文化を創造する新進芸術家育成事業「エレキギターアカデミー21(ELEKI GUITAR ACADEMY 21)」に、在校生と卒業生が10名合格し、半年に渡って寺内タケシさん監修の育成カリキュラムを受けました。なお、このレッスンはミューズ音楽院の校舎でも行われました。
2015年 - 平成27年
2月
在校生6名が、エレキギターアカデミー21の選抜メンバーとして、ゆうぽうとホール(東京・五反田)にて開催された「ELEKI GUITAR CONVENTION 2014」にて、寺内タケシとブルージーンズ、渡辺香津美さんらと共演を果たしました。
 
よみうりカルチャーセンター町田校にて、サテライト教室をオープン
 
代々木高等学院との提携授業を開始
 
無料レッスン動画(ボーカル、ギター、ドラム)を、YouTube公式アカウントにて配信開始
 
松原弘士学院長が、専修学校制度制定40周年記念式典にて、文部科学大臣より教育功労者表彰を受賞。
 
第34回専門学校映像フェスティバルにて、オープニング映像に音楽を提供する形で参加。
2016年 - 平成28年
4月
タイの音楽スクール「MUSIC FOR FUN」から生徒(10-16歳の7名)を迎えて、3日間のインバウンド特別レッスン。日本文化としてのポピュラー音楽に触れていただきました。
8月
こどもたちによるミュージカル「リトル・ミュージカル」に協力。当校スタジオにて、約40人の小学生(1-6年生)の歌を録音しました。
学校案内・願書

送付申込はインターネットまたはお電話で!

03-3341-6607
受付時間
9:00~17:30 月~金(土日祝を除く)