数字で見るミューズ

真の実力を身につけるための、本当に意義のある教育環境

高価な機材がひとつあっても、学生達がそれを使える機会は、少なければまったく意味がありません。
学生が実際に音を出し、機材に触れられる環境がどれだけあるのか、実技の授業がどれだけあるのか、講師と学生のコミュニケーションがどれだけちゃんとはかられているか、ということが考慮された環境が、本当に意義のある教育環境なのです。

スタジオ数
1studio/7students
7人あたりに1スタジオ

プレイヤー系の学生にとって、練習スタジオは無くてはならない存在。より良い環境で練習をするために、ミューズ音楽院では練習スタジオを数多く設置。プレイヤー系の学生定員数に対するスタジオ数では、7人あたりに1スタジオ。これは音楽系専門学校では最高レベルと自負しています。


例:A専門学校 1/11.5人 B専門学校 1/18.5人

PA・レコーディング関連の環境
1sound-mixer/6students
6人あたりに1台のミキサー台
1recording-studio/10students
9人あたりに1部屋のレコーディング・ルーム

PAやレコーディング・エンジニア関係では、学生定員に対するミキサー卓の数が6人あたりに1台、レコーディング・ルームも9人に1部屋(A専門学校 およそ1/18.75 人)。
他校と比べても実際に機材に触れる時間数の圧倒的な多さが、即戦力を生み出し、実質の就職率90%を誇るミューズの秘訣です。

講師数
1teacher/2.8students
2.3人あたりに1人の講師

ミューズ音楽院は、学生定員数に対して講師数がとても充実しています。その数、学生2.3人あたりに講師1人。他の専門学校はもちろん、有名大学と比較しても、群を抜く充実度です。

実技授業
80% of total hours
実技授業は全授業時間の8割

技術や感性は、座学ばかりでは磨かれません。ミューズは実技授業の時間数が全授業時間の8割。これは音楽系専門学校の中で最も高い割合です。また、少人数制にも自信があります。授業は1クラス9人以下で、講師は個々に目が行き届き、学生同士刺激も受け合うことのできる、最適の形態です。

学校案内・願書

送付申込はインターネットまたはお電話で!

03-3341-6607
受付時間
9:00~17:30 月~金(土日祝を除く)