ボーカル・その他の楽器・作詞作曲も学べる!
ベース+αでなりたいアーティストに
やりたい音楽やスタイルをトコトン追求できる「自由」が魅力
バンドメンバー/作編曲家/サポートメンバー/スタジオミュージシャン…etc
カリキュラム
多くの経験がスキルになる!
少人数制、授業の8割が実技授業
1年間850時間以上
充実のカリキュラム

技術や感性は、座学ばかりでは磨かれません。ミューズは1年間850時間以上ある授業のうち、実技授業の時間数が全授業時間の8割。これは音楽系専門学校の中で最も高い割合です。また、少人数制にも自信があります。授業は講師が学生一人ひとりに目が行き届く1クラス9人以下で行っています。

  • 独自のリズム特訓で初心者からでも超絶プレイを手にできる!

    優れたバンド・楽曲では必ず、優れたべーシストが活躍しています。機械のように正確なプレイでグルーヴを支え、音のすき間ではギターと対等に渡り合えるほどエモーショナルなフレーズで個性を主張する・・・そんなプロを数多く輩出するために、ミューズが取り組んでいるのがリズムへのこだわりです。少人数制クラスでリズムを特訓することで、どんなジャンルにも対応できる柔軟性とテクニカル・プレイが、初心者からでも身に付きます。

  • 個人カルテで着実にレベルアップ

    ミューズでは個人カルテを作成し、常に学生一人ひとりの長所や苦手な分野、レベルまで講師がしっかりと把握しています。この個人カルテをベースに一人ひとりに合わせた指導をすることができるので、着実にレベルアップを目指すことができます。

カリキュラム一覧
1年次
必修
プラクティス主にスケール(音階)とコードの習得、それを用いたアドリブ方法、その他ベースに関するテクニック(奏法)や演奏のニュアンスを課題曲等を用いて習得していく授業。、ベーシストに必要な伴奏のバリエーションやアドリブ力を身につける。
メカニックフォームの改善や日々の練習方法、徹底したリズムトレーニングをメカニカル(機械的な)フレーズを用いて行う。主にメトロノームやリズムトラックを使い、リズム感の強化をしながら左右の手のバランスを総合的に整える。
サイトリーディング簡単な楽譜をギターで読んでいくことから始め、2年間かけて徐々にレベルアップさせていき、最終的にはあまり複雑でない楽譜であれば初見演奏できるようになることを目指します。
音楽理論音楽理論の授業と聞くと難しいイメージを持たれがちですが、ミューズ音楽院では知識のみを頭に詰め込むだけではなく、それを実際にどう活用していくかということを伝えていきます。
合同プラクティス対応力やアドリブ力を強化するたのセッションを行う授業。主に課題曲を用い、当日に曲の構成を変更したり、ソロのパートを増やしたり、音楽の現場で想定されるようなことを体感しながら学んでいく。
ボトムトレーニングギター・ベース・ドラム専攻が合同となって行うアンサンブル形式のリズムトレーニング授業で、アンサンブルの中でも『グルーヴを出す』というところに重点を置いている。
ライブ
・ディスカッション
バンドサウンドにおけるアンサンブルの理解と体感。他専攻とバンド形式で行う合同授業でライブ主義の核となる授業。アンサンブル力の向上を目指すだけではなく、コミュニケーション力の向上も行う。
MDP
プレゼンテーション
フライヤーやCDジャケット、ホームページの作り方や、その他にも音楽業界の仕組みの理解として、印税についてや、事務所・レコード会社との契約に関してなど音楽業界に必要な知識を学ぶ。
選択授業(全専攻共通)
いくつ履修してもOK!
やりたいだけやれる授業
ボーカル ベーシックギターボーカル
ギターベーシックベースベーシック
ドラムベーシックキーボードベーシック
カスタム&メンテナンスダンス
DTMベーシックレコーディングベーシック
ミュージシャンズ英会話ソルフェージュ

講師紹介

ミューズを代表する名講師

高木 伸治たかき しんじ

担当
プラクティス
ミューズを代表する名講師

高木 伸治たかき しんじ

ベース専攻講師のお父さんのような存在の高木先生。ミューズでの講師歴は20年を越え、これまで数々の卒業生を輩出してきました!
性格も面白く明るい先生なので、いつも先生や学生の中心におり、ミューズを代表する講師と言っても過言ではありません!!
ミューズ内では有名なリズムトレーニング「パタパタ」も高木先生考案の練習法です。

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
ファンク、ジャズ
略歴
熊本県生まれ
1981年渡米、8年間武者修行
バークリー音楽院映画音楽科卒
帰国後「寺内タケシとブルージーンズ」「石田新太郎とシティライツ」etc.に在籍
現在は自己のバンド「ナンモナイト高木とジ・アンモナイツ」 また「小松ちゃん伸ちゃんソウルセッション」篠崎保氏と共にジャズセッションなどで活動中
「グルーブ塾 柏」「ピアニストのためのグルーブ講座」主催、著書「セッションで困らないためのベース・ライン見本帳 (シンコー・ミュージック)
担当
プラクティス
メッセージ
自分の感性を思うままに表現するために必要な基礎力を、今のうちにしっかりと身につけましょう!!
リズムに関しては、ジャストビートをしっかり訓練することが重要です。
自分の音楽人生をフルにエンジョイするために!
閉じる
悩んでいる学生のよき相談相手

杉田 孝弘すぎた たかひろ

担当
メカニック/サイトリーディング
悩んでいる学生のよき相談相手

杉田 孝弘すぎた たかひろ

見た目からもじみ出ている通り、優しく、学生からも慕われている先生です。
自身もミューズの卒業生で、新聞配達をしながら4年間通った経歴をお持ちのため、悩んでいる学生のよき相談相手にもなってくれています。

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
『ラリー・グラハム』『江川ほーじん』というベーシストが好きでベースを始めた影響からSoulが好きです。
その後、フュージョンやジャズに興味を持って行ったのですが、その時に良く聞いていたベーシストは『ジャコ・パストリアス』『スタンリー・クラーク』等を良く聞きました。
略歴
新聞奨学生をしながらミューズ音楽院マスターコースを卒業。卒業後はだんご三兄弟の『速水けんたろう』さんのツアーを皮切りにパパイヤ鈴木さんの『おやじダンサーズ』ツアーや様々なアーティストのサポート活動をする。現在は『寺内タケシとブルージーンズ』のメンバーとして日本全国ツアー活動中!
担当
メカニック/サイトリーディング
メッセージ
音楽を演奏する側としての見方になりますが、それぞれの性格とこれまでどんな人生を歩んで来たかが如実に現れやすいのが『音楽』の面白さだと思います。
たくさん練習をしてスキルアップをする事はもちろんですが、人生を楽しみながら、時には苦しみながら、人間性と共に成長してこそ素晴らしい音楽家に育っていくものだ思います。
音楽の道を歩もうと志す友達と共に、学校生活の中で色々な経験を積んでいって夢に近づいていってほしいと思います。
閉じる
とにかく面倒見の良い先生

藤原 良之ふじわら よしゆき

担当
プラクティス/メカニック
とにかく面倒見の良い先生

藤原 良之ふじわら よしゆき

とにかく学生の面倒見の良い藤原先生。いつも真剣に学生と向き合って、解決できるまでどこまでも付き合ってくれます!
アドバイスも的確で教え方も丁寧なため、学生の好きな授業にもよく名前が挙がってきています。
また藤原先生もミューズの卒業生です。

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
ハードロック、メタル、Rock 全般
略歴
いわぶちかつひこ、瀧田イサム、CHEMISTRY、はるなあい、cools、Bandys(Candys Tribute)等、ライブサポートやレコーディング、ベース講師として活躍中。
担当
プラクティス/メカニック
メッセージ
一言で言うなら、一生懸命教える!これだけです。
掘り下げた方針は、演奏における全ての事を分析、理論化し誰にでも分かるような言葉で伝え、見本を示し、体感させ再現性を持たせる事をモットー、理想としています。
生徒の演奏を良く観察し、どこをどうしたら良くなるか、生徒の質問に対し安易に内容を決めつけない様に良く聞き、どう答えたら少しでも上達の近道になるかを考えディスカッションをしています。
リズムのジャストやピッチなど数学的に伝えやすい面だけでなく、音のタメ、粘り、グルーヴなどの音楽的、芸術的な部分(こちらは数字で考えるといつまでも正解と思える演奏に辿り着かない)すらも可能な限り具体的に分析し伝え、生徒が体感したかを確認し、再現可能な手順を持ち帰れる様に毎年試行錯誤しながら授業をしています。
閉じる
音楽業界の一線で活躍

瀧田 イサムたきた いさむ

担当
音楽理論/ボトムトレーニング
音楽業界の一線で活躍

瀧田 イサムたきた いさむ

いつもカッコいい瀧田先生。時にはベース・マガジンの表紙を飾る等、音楽業界の一線で活躍されているので、そこで活かせる技術を最大限に教えてもらえます。学生にもファンが多い先生です!

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
何でも聴きます。動画サイトにUPされた演奏なども見ますよ。
でも、仕事やライブ等でやる楽曲(自分たちのリハ音源も含む)などを聴く時間が圧倒的に多いです。。
略歴
8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS
担当
音楽理論/ボトムトレーニング
メッセージ
僕が先人から学んだ知識や技術を、僕の音楽人生というフィルターを通して伝えられればと思っています。
一番は…音楽は楽しいよ!って事。
閉じる
作編曲、ギタリストとして活動

篠崎 保しのざき たもつ

担当
合同プラクティス
作編曲、ギタリストとして活動

篠崎 保しのざき たもつ

篠崎先生の特徴はなんと言っても緑髪!
一度会ったら忘れないと思います。
授業は丁寧でありながらもシビアにやっており、学生からも「難しいけどタメになる」と聞いています。
以前は"寺内タケシとブルージーンズ"にギタリストとして在籍していた経歴を持つ先生です!

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
ジャズ、フュージョン。パット・メセニーやジョン・スコフィールドなど
略歴
数々のセッション、スタジオワーク、歌手のサポートプレーヤーを経て、'92年より"寺内タケシとブルージーンズ"に於いて、レコーディング、日本全国ツアー、ハワイ公演等、主力メンバーとして10年間在籍した。
現在、日本民謡をポップスアレンジしたアコースティックユニット"香都(KOTO)"に於いて、作編曲、ギタリストとして、演奏活動を続けている。
担当
合同プラクティス
メッセージ
出来る限り沢山練習する。出来なかった事が 出来る様に成るまで練習する。
練習し続けられる事が 唯一の才能だと思っています。
閉じる
ギタリスト兼キーボーディストとして活動

本間 浩司ほんま こうじ

担当
ライブディスカッション
ギタリスト兼キーボーディストとして活動

本間 浩司ほんま こうじ

本間さんと言えば赤!ミューズでは有名な先生です。
アンサンブル授業では各楽器、歌、作曲やアレンジ、音作りまで1つずつ丁寧に教えてくださっています。

よく聴く音楽ジャンル/アーティスト
The Beatles 、Queen、クラシック、吹奏楽など。トランス、EDMなどのシンセ主体のモノもよく聴きます。
略歴
2006年ミューズ音楽院ギター科を卒業。
卒業後、籠島裕昌氏のアシスタントとして仕事をスタートさせ、平行して同校のアンサンブル講師としても勤務。

ギタリスト兼、キーボーディストとしてサポートミュージシャンの活動をしつつ、アーティスト、ゲーム音楽、教則本などの作曲、編曲、音源制作、譜面制作、ミックス、ギターレコーディングなど、活動内容は多岐に渡る。
担当
ライブディスカッション
メッセージ
音楽の勉強に終わりはありません。だからこそやりがいがあると思います。
今より少しでも良い演奏、良い曲、良いアレンジが出来るように日々精進していきましょう!
閉じる

デビュー実績

音楽・エンタメ業界で
ベーシストとして
活躍する先輩たち
藍坊主
藤森 真一 - ベース専攻

生きていくことの悩みや不安、夢や喜びのメッセージをストレートに伝える楽曲で、幅広い世代の支持を得るカリスマバンド。高校時代より地元小田原で人気を博す。03年インディーズデビューを果たし、04年にはメジャー進出を果たす。爽快なバンドアンサンブルのなかにつねに冒険心に溢れたサウンドを追求している。

FUNKIST
JOTARO - ベース専攻

日本のみならず、南アフリカ、アジア、インドなど、世界中で活躍。そのライブパフォーマンスには定評があり、2008年にはポニーキャニオンからメジャーデビュー。

SCARECROW
石橋 政徳 - ベース専攻

2006年8月結成。
かつてユニットIcemanのメンバーとして同胞であり、ソロ活動で絶大なる支持を得ているボーカル黒田倫弘とギター伊藤賢一が、ベース石橋政徳、ドラム水江英樹を正式メンバーに迎え結成。

瀧田 イサム
ベース専攻

数々のバンドやセッション活動を経て、ロックバンド「六三四」に加入。海外公演を度々行い成功させる。その後、ヘビーメタルバンド「Ark Storm」に加入。そして現在、「GRANRODEO」、「栗林みな実」、「2Hearts」、「西寺実」のサポート等で活躍中。

ミューズの特徴

ミューズが
ベーシスト育成の
専門学校として選ばれ続ける理由
ミューズ音楽院/ミューズモード音楽院は安心の認可校

音楽学校には、認可校(専門学校)と無認可校があります。ミューズ音楽院/ミューズモード音楽院は東京都認可の専門課程のある専修学校です。学生には学歴(専門士の称号)の付与や転入学、学割・奨学金・進学ローンなどの特典が適用されます。

2.3人あたりに1人の講師

ミューズは学生定員数に対して講師数がとても充実しています。その数、学生2.3人あたりに講師1人。他の専門学校はもちろん、有名大学と比較しても群を抜く充実度です。講師は個々に目が行き届き、学生同士刺激も受け合うことのできる、最適の形態です。

実技授業は全授業時間の8割

技術や感性は、座学ばかりでは磨かれません。ミューズは実技授業の時間数が全授業時間の8割。これは音楽系専門学校の中で最も高い割合です。

フォロー体制

担任、講師、OBOG、企業が、
学生生活から就職まで
しっかりフォロー

各種サポート

プロデビューまでの
サポートも充実

ミューズでは、みなさんがベーシスト、ミュージシャンとしてデビューするための専門部門『新人開発室』を設置。実績を上げ可能性を見い出した者に対して、音楽奨学金制度「ライブサーキット」で音楽活動を支援し、プロデビューまでをしっかりサポート(レコーディング、CD製作、音楽事務所やレコード会社へのプレゼンテーション、その他音楽活動についてのあらゆる相談等)しています。

音楽奨学金 -
ライブサーキット

デビューできる/できないの分かれ目はライブの実力!
しかし、ただ闇雲にライブをやっても意味がありませんし、チケット・ノルマもあって、数多くライブをこなすことも出来ません。
そこでミューズ音楽院では、アーティストごとに担当をつけて実践に即したアドバイスを行い、在学中からライブ経験を積んでもらうための音楽奨学金:ライブサーキットを用意しています。

レコーディング支援

デモテープから本格的なレコーディングまで、在校生・卒業生の音源制作を支援。担当専門スタッフとの入念なミーティングの後、ミューズのコネクションを通じて最適なプロデューサーを選定。高品質な作品づくりを実現します。

CD制作サービス

在校生・卒業生の音楽活動を支援するため、CD制作サービスを行っています。ジャケットの作成や音づくりのアドバイスも実施。なお、それらの音源はミューズ新人開発室の専門スタッフが音楽業界へのプレゼンテーションする際にも活用されます。

教室無料レンタル

普通教室、パソコンルームを、放課後や授業の空き時間に開放。ミーティングや授業の予習・復習などに活用できます。また、音楽スタジオも放課後や授業の空き時間、夏休みや春休みなどの長期休暇中も利用可能。充実の設備を活用してください。