(1)予防と衛生

文部科学省のガイドラインに従って、感染拡大防止に取り組みながら、安全に授業を進めるよう心がけています。

https://www.mext.go.jp/content/20200605-mxt_kouhou01-000004520_5.pdf

  • 授業では、教室内で密集しないよう少人数とします
  • 講師が発熱(目安として37.5度以上)や体調不良の場合は、休講します
  • 授業前に、講師は手洗い又は手指を消毒します
  • 授業中に、講師はマスクを着用します
  • 授業中に、換気扇をつけたり、定期的に窓を開けて教室を換気します
  • 授業中は、生徒様同士や講師との間隔を取ります
  • ドアノブ、手すり、トイレ、楽器、機材などを定期的に除菌掃除します

登校の際は、以下にご協力ください。

  • 各自、毎朝検温してください
  • 発熱や体調不良の場合は、無理をせず自宅で休んでください
  • 校舎の入り口や教室にアルコール消毒液を設置していますので、必ず手指を消毒してください
  • 教室や休憩所など校舎内では、マスクを着用してください
  • マスクを外しての会話は控えてください

ご不便をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

(2)遠隔授業

新型コロナ感染症への対応として、従来の対面授業に加えて遠隔授業(オンライン授業、リモート授業)を取り入れ、教育環境の整備と学修機会の確保に努めています。その実施例をご報告します。

インターネット通信環境

これまでに各校舎に光回線を敷き、各教室でWi-Fi(無線LAN)経由でインターネット無線接続ができるようになっています。さらに、回線混雑による通信速度の低下を解消すべく、令和2年10月に通信規格を最新のIPv6にバージョンアップしました。これにより、インターネット回線が安定して通信スピードが改善され、大容量データの安全なやり取りや動画配信、大人数の同時視聴が期待できるようになりました。今後は各教室にカメラやパソコンなどを導入し、遠隔授業やライブ配信の環境をさらに整えていきます。

双方向型授業

4号館2階教室にて。6月の学校再開以降、来日が叶わない留学生も授業に参加できるよう、オンライン会議アプリ「Zoom」を活用し、マスターコース(コンポーザーアレンジャー専攻)で双方向型授業を実施しています。講義のリアルタイム中継はもちろん、音楽制作(DTM)ソフトの操作法を講師の画面を共有しながら解説したり、留学生からの質問に講師が答えたり、1時間で動画にBGM曲をつける課題を学生が提出・発表して講師がそれを評価・添削したり、通信環境も含めて問題なく進めています。座学授業について、積極的に双方向型授業を取り入れていく予定です。楽器やボーカルなど実技授業については、現状ではリズムの同期などの課題があり本来は対面型が好ましい意見もありますが、取り組んでいきます。

ライブ配信

3号館地下ホールや本館ホールにて。10月の発表会形式の中間試験「ライブステーション」を、2日間にわたって開催しました。従来は学年全員が会場に出演者、スタッフ、観客として集まっていましたが、今回は無観客で最小限の人数とし、ライブ配信アプリ「YouTube ライブ」を活用して演奏を生配信しました。学生は他の教室で視聴できるようにしました。また、同月末に開催した学生による定期演奏会「バックアップライブ」も無観客としながらその模様を公開生配信し、三密を避けることができました。音楽エンタテインメント業界では配信ライブが主流となりつつあります。本校では、在学中の経験値を上げる観点からも、プレーヤー専攻もスタッフ専攻も積極的に取り組んでいきますので、在校生や卒業生はもちろんご家族の方や入学をご希望の方もぜひご覧ください。

専門学校ミューズ音楽院
専門学校ミューズモード音楽院
教育部:033341-6607