ミューズ音楽院ギター専攻講師で、作編曲家/スタジオ・ミュージシャンとして大活躍中の奥山アキラ先生(gt)選出による「セッション・ギタリスト おすすめギター・ソロ10選」をお送りします。ヒット・ソングに華やかな彩りを添える凄腕ギタリスト達の名演です。ちなみに、奥山先生はミューズ音楽院ギター専攻とミューズ音楽院マスターコースのOBでもあります!

1、Gt:マイケル・ランドウ
「A Whole New World」(1992年)
Peabo Bryson & Regina Belle

映画『アラジン』のテーマ曲。
ラストのサビに繋げるとても美しいソロです。


2、Gt:マイケル・ランドウ
「Why You Lie」(1996年)
The Raging Honkies

自分のバンドでのマイケル・ランドウのプレイはセッション・ワークに比べ、とても激しいんです。


3、Gt:マイケル・トンプソン
「Every Day Of Your Life 」(1995年)
Richard Marx

スライドバーを使ったとてもキャッチーなソロ。

4、Gt:マイケル・トンプソン
「たかが愛」(1996年)
中島みゆき

マイケル・トンプソン節が炸裂です!

※参考音源はありません(スミマセン)。

5、Gt:今剛
「だから 憶えている」(1997年)
中西保志

ギター2本の絡みが絶品なソロです。

YouTubeリック先の画面が表示できません(ゴメンナサイ)。

下記URLをクリックすると音源が聴けます。

https://youtu.be/eSGIGbJkTUs

6、Gt:ジェイソン・ベッカー
「It’s Showtime!」(1991年)
David Lee Roth

ジェイソン・ベッカーがデイヴィッド・リー・ロスバンドに参加した時の超ハイテクニカルなソロ!

7、Gt:ポール・ジャクソン・ジュニア
「Heaven Must Be Like This」(1993年)
Paul Jackson Jr.

コード・カッティングが有名ですがジャジーなソロもカッコいい。

8、Gt:松原正樹
「恋人がサンタクロース」(1980年)
松任谷由実

間奏のソロもカッコいいのですがアウトロの歌との絡みもとても印象的です。

9、Gt:ダン・ハフ
「When The Lights Go Down」(2002年)
Faith Hill

ラストサビに繋げる情熱的なソロ。
ラストサビのオブリも印象的です。

10、Gt:スティーブ・ルカサー
「Rosanna」(1982年)
TOTO

TOTOの代表曲で、サビと思えるくらいキャッチーなソロが印象的。